利用プランが幅広い埋葬

altar with frame picture

平均的な所得水準では日本の外墓埋葬は非常にハードルが高い方法です。
ひと昔の好景気だった社会とは違い、現代の日本人家族はいくら埋葬と言っても高額な墓石埋葬は簡単には手を出せない現状にあると言えるでしょう。
それだけに利用プランによってはかなり費用を抑えられる納骨堂のニーズは高まっています。
納骨堂は施設にもよりますが、本当に簡素なもので良ければ最安で5万円という予算で埋葬を受け入れてくれます。
ただこのレベルのプランになると、特定の墓所もなくほぼ無縁仏として、他の人たちと合葬されてしまいますから、よほど故人が希望しない限りは利用しないのが普通でしょう。
最低限のお墓スペースと供養などを含めると、大まかに50万円くらいが納骨堂の相場です。
それでも外墓埋葬に比べれば相当に経済的な予算ですので、埋葬方法について考えている方は覚えておくと良いでしょう。
もしも予算がもう少し捻出できるようであれば、より豪華な埋葬プランも納骨堂では選択可能です。
最安がロッカー式ですが、100万円くらい予算があれば屋内型の墓石埋葬も選択できるでしょう。
この辺りは予算や家族の気持ちで決めていく事となりますが、エコノミーなだけでなくゴージャスにもできるのが納骨堂の柔軟さだと言えるでしょう。
大事なのは生きている家族が無理をしないという事であり、必要以上の埋葬費用は生活を苦しくしてしまいます。
お墓はすぐに決めなければならないわけではありませんので、予算面などを考慮して時間をかけて納骨堂選びを検討してみて下さい。